交野ヶ原 日本遺産 BLOG

【枚方まつり雑感】コラボレーションかき氷ご好評御礼

一夏の思い出!

何かと言えば、もちろん!

枚方まつり2019!

もう、お馴染みになりました! かき氷コラボレーション!

今年はなんと3つもあるんです!

一つ一つ紹介していきましょう!

まずは、こちら、枚方産の枝豆を使った、ずんだかき氷

「ずんだ枚子」

ずんだ かき氷 枚方 枝豆

ずんだ枚子

こちらのずんだ枚子の誕生秘話は、年内発刊予定の、交野ヶ原物語vol.8で披露される予定ですので、是非、そちらをチェックしてみてくださいあ。

はい、次は、お馴染みの神宮寺ぶどう、デラウェアを炭酸で割りましたフィズ!

その名も、「交野デラ男」

交野デラ男 デラウェア 神宮寺ぶどう 

交野デラ男

2016年からぶどうシロップでのかき氷を作っていたのですが、

「いや、もっと高みに行けるはず」

とlecca feat.rhymesterの「Sky’s limit」みたいなことをずっと考えておりまして。

そんな中、当プロジェクトが後援をさせていただいたイベントで知り合いになりまして、その際、イベントのためのオリジナルケーキを作るなど、とても創作意欲を持って取り組んでくださいました。

その縁を頼りに、お願いしたところ、なんと、監修を二つ返事でOKいただきました。

こちら、今回の「交野デラ男」を監修いただいた、枚方のレストランの「Cafe&Dining Y」さん!

内観

カフェダイニングYさん

 

監修いただく中で、ああでもないこうでもないと色々と試行錯誤した結果たどり着いたのが、「フィズ」というありそうでなかった組み合わせ!

そういえば、マクドナルドでもこの夏はよくフィズをいただきました。

時代も流れもつかみ、味も確かな、「交野デラ男」もかなりの任期でございました!

 

涌谷糀百済

続きまして、なんと、今年、日本遺産を獲得された涌谷町からやってきた麹を冷やした水で溶かした

「涌谷麹百済」の登場!

涌谷町のブランド米「金のいぶき」を用いた甘糀、「くがね甘露」をそのまま、かき氷の氷と混ぜて、冷やし糀にしてみました。

涌谷町 くがね甘露

前に乗せた記事で、百済王敬福と奈良の大仏でツナガル、涌谷町をご紹介いたしました。

【祝!涌谷町 日本遺産!】奈良の大仏でつながる陸奥と交野ヶ原

この涌谷町の名産品と何か、コラボレーションすることができないかなと思い、ダメ元で連絡させていただいたところ、逆に向こうから、ご提案板が来ました!

今年、ふるさと協力隊の方が、クラウドファンディングで開発した、「くがね甘露」を使用してはどうかとのこと。

これがですね、何とも大人の味でございまして、味わった方からは

「栄養ドリンクみたい」「元気が出る」と90年代のリゲインのような言葉が飛び出しまして笑

とにもかくにも体にいいというのが売りでございます。

栄養たっぷりで逆にすごい!

なんと、涌谷町の公式FBにも取り上げていただくという快挙!

いや、話題てんこ盛りなのですが、もちろん、糀なだけに、冬の「アレ」にも最適だと思いません???

もちろん、やる予定ですよ。こうご期待。

たくさんの来場者の皆さん

今回、多くの方にご来場いただきまして、さらにSNSでも多く拡散いただいておりました。

 

 

ひらかたつーしんでも取り上げられました。

 

と、例年にも増して、多くの縁が繋がった、枚方まつり2019!

お陰様で無事終了いたしました!

さて、イベントレポートが多くなりましたので、次回からはまた、創作シリーズ入っていきましょうかね。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 交野ヶ原 日本遺産 BLOG

テーマの著者 Anders Norén