交野ヶ原 日本遺産 BLOG

第2回 星の俳句コンテスト開催! 募集要項載せてますよ!

〈情報解禁!〉

今年もやります!

「星降るまちの星の俳句コンテスト」第2回となります!

オープニングテーマは今年、メジャーデビュー2年目で、全国ツアー真っ最中の、Self-Portraitの「星降る街」です。

昨年の1回目は、日本全国から1000通もの応募をいただき、盛大に開催いたしました。

その様子は下記、ブログから。。。

星俳句コンテスト開催! うちのブログも参考にしてね!

 

そして、今年もやります!

「第2回星の俳句コンテスト!」

下記に応募要項や応募用紙を添付しておりますので、ふるって、ご応募ください!

開催趣旨はこちら。

大阪府の北東部に位置する交野ヶ原(現在の枚方市・交野市)は七夕をはじめ、星にまつわる伝承、史跡、地名が数多く残る全国的にも珍しい地域です。

 

 この度、前衛俳人として名高い明治大学教授の夏石番矢先生をお迎えし、地域内外より「星の俳句」を募集して、第一回星の俳句コンテストを開催します。

 

表彰式は弘法大師ゆかりの降星伝承が伝わる星田妙見宮の七夕祭(7月7日)にて行います。応募作品は七夕の短冊として飾った後、天に届くようにお焚きあげ致します。ぜひ、あなたも星に想いをはせ俳句を作ってみませんか。

 

【募集期間】
令和2年(2020年)

4月1日~5月31日

【題・テーマ】
「星」「星にまつわるもの」

※五七五の定型、自由律でもどちらでも可。季語の有無問わず。

【募集部門】
①小学生(幼児含む)の部

②中高校生の部

③一般の部

【審査員】
夏石番矢先生

1955年生まれ。東京大学大学院修了。

現在、明治大学法学部教授。

高柳重信に師事。2000年に世界俳句協会を共同で設立。国際俳句雑誌「吟遊」代表。

【表彰】
審査員(夏石番矢)グランプリ賞1点

大阪府知事賞1点

交野市長賞1点

枚方市長賞1点

交野市教育長賞1点

枚方市教育長賞1点

星田妙見宮賞1点

交野ヶ原物語賞1点

大賞 各部門1点ずつ

※各賞に賞状と賞品を贈呈

【表彰式】
星田妙見宮

七夕祭(7月7日)にて

※雨天の場合は星田会館にて行います。

【応募方法】
下記のPDFファイルから応募用紙をダウンロードし、印刷して下さい。

第2回星の俳句コンテスト応募用紙

応募用紙の注意事項をお読み頂いた後、作品記入欄に俳句を記入し、申し込み欄に「氏名・年齢・住所・電話番号・Eメールアドレス・学校名/サークル名(所属されている場合のみ)」を明記して下さい。

持参の場合は星田妙見宮または、星田神社の投句箱へお入れ下さい。郵送の場合は応募用紙を封筒に入れて切手を貼り付けの上、下記郵送先までお送り下さい。

◆送付先
〒573-1126 大阪府枚方市上島東町4-4

廣瀬方 星の俳句コンテスト係 宛

◆持ち込み先

星田妙見宮

〒576-0016 大阪府交野市星田9-60-1

星田神社

〒576-0016 大阪府交野市星田2-5-14
主催:天の川・交野ヶ原日本遺産プロジェクト実行委員会
お問い合わせ

080-5339-3106(事務局)

ホームページ http://www.katanogahara.jp

facebook https://www.facebook.com/katanogaharaPJ/

後援:世界俳句協会・交野市・交野市教育委員会・交野市国際交流協会・枚方市・枚方市教育委員会・摂南大学・交野おりひめ大学・星田妙見宮・大阪府・大阪府教育委員会

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 交野ヶ原 日本遺産 BLOG

テーマの著者 Anders Norén